もう一台はTA05で!

 サーキットにMシャシー一台では寂しいので、

もう一台は10年ぐらい前に走らせていたTA05を復活!

とりあえずブラシモーターで走行出来るようにします。

f:id:yokomori66:20191115225541j:plain

モーターはタミヤスーパーストックタイプR JMRCA公認 23T!!

TA05Ver2をオークションで落としそうになったのですが、

これでどこまで行けるか?

いやいや行ける必要なない、楽しもう!

サーキット復活、第一弾 M05完成!

少しの部品を交換して、とりあえず走行出来そうなマシン完成!

ボディーはモンスターのスイフトにしました。

リバンド量も調整出来るようになっていたのに驚き、

サーボはフタバ製S3003、アンプは懐かしいサンワ製

スーパーボルテックス212HF!

ポイントはあまりハードにこだわらず、

ソフトを楽しむ事と自分に言い聞かせてスタートします。

f:id:yokomori66:20191110201233j:plain

少し濃いめのブルーのアルミのオプションが黒のシャーシーに良く

合ってますよね。さすがタミヤ

もっといろんな装備アップはありますが、これで充分と言い聞かせて、

サーキットにMシャーシ一台では寂しいので、次は二台目の

ツーリングカーを製作です。

 

M05落札してしまいました。

M03を走らせていた頃に、M05が登場してから、

欲しいなと思い約10年やっと、落札できました。

これで10年ぶりにサーキット復活してみたいと思います。

アルディーノでのプログラミングが難しく、

自作ラジコンが進まなくて、スピーカー製作、PS3、

で逃避してますが、さらに逃避が続きます。

f:id:yokomori66:20191101205310j:plain

プロポは相変わらず、40メガのエグゼスです。

 

 

ザ・ラスト・オブ・アス!

スピーカー製作も終わり、本職のラジコン製作を

しないとだめなのですが、どうも気が入らないために、

アンチャーテッドでお馴染みのノーティードック製作の

ザ・ラスト・オブ・アス略して「ラスアス」!

をやってます。

アンチャー同様に面白い!

こんな素晴らしいゲームソフトに

負けないような、ラジコンを製作出来るように、

少しの間「ラスアス」の世界を研究いたします。

f:id:yokomori66:20191021204352j:plain

 

完成しました!

締め切りに間に合いました、持てる力を出し切れたかな?

と思っています。

最後は横田模型のエンブレムを付けて終了です。

写真や説明文も「Stereo」編集部様に送ったので、

あとは結果を待つだけ、

車もスピーカーも同じですが、この先コンピューターが進歩したら

どうなるか?分かりませんが、

今のところ、人間が運転して気持ちがいいとか、最速の車、

人間が気持ちいい音などに公式はなく、そこが楽しい所ですね、

今でも人間の発想で作った物が意外にいい結果が出て、それに後から

理論的に説明を付けるといった事があるみたいですね。

スピーカー作りがラジコン製作にプラスになりますように、

又ラジコン製作に戻りますか!

f:id:yokomori66:20191015210032j:plain

おしゃれな感じでしょ?

 

ポイントは吸音材は最低限で使用する。

密閉型スピーカーの場合、吸音材をたくさん入れて逆位相の音を

吸収したい所ですが、たくさん吸音材を入れるとエンクロージャーの容量が

小さくなってしまうこの矛盾を解決するのがこの最低限の吸音材です。

f:id:yokomori66:20191009223347j:plain

高密度の発泡ウレタンです。

これだけで吸収できるのか?

あともうひとつ秘密兵器が!!

一週間考えた結果、密閉型で行きます。

小型スピーカーはバスレフ方式が定番だと思いますが、

ここはあえて、制御しきれない音がバスレフポートから出てくるよりは、

忠実な再生が可能な密閉型を選択しました。

低音はトーンコントロールで補えば良いと思います。

f:id:yokomori66:20191002222815j:plain

密閉型は吸音材がポイントだと思いますが、

ここに効果があるかどうかわかりませんが新しい試みを取り入れたいと

思ってます。